読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで気になる広告とサービス

ネットで見かけた気になる公告やサービスについて書き綴ります。

薬剤師の仕事事情

薬剤師の勤務先は様々ですが収入面や仕事内容にも違いが出てきます。

 

特に気になる収入面では、ある地域をサンプルにしますと、

病院薬剤師・・・年収400-500万
薬局薬剤師・・・年収500-700万
ドラッグストア薬剤師・・・年収550-750万

 

それぞれ100万から200万も開きがあるので実際に転職活動をされている方は求人内容を確認することと思いますが、傾向としては病院薬剤師が一番低いですね。

 

ある見解なので正解不正解という事は別にして参考にしてください。

 

人が集まる医療現場は基本的に報酬が低くなるという考えです。


例えば大学病院の医師は報酬が低いのは研究者という側面を持ち、責任は重い代わりに知的好奇心を満たす診療ができる。社会的な扱いもよく病院経営面での貢献はしないでもいい。


対して民間の勤務医は、責任も重く一般的な症例を数多くこなし病院経営にも貢献しなければならない。その反面休みの確保と報酬も多いものです。

 

これが薬剤師などのコメディカルにもあてはまり、病院薬剤師は病院が集めた患者との関わりで知的好奇心を満たし社会的ステータスもある反面、経営面での収入貢献は低く医師の傘の下で責任も低い。


対して外部の調剤薬局は薬剤師がいるから収益が確保され、淡々と調剤業務を大量にこなしています。一般的な症例に対して業務を行うため学びという点でもプラスを得辛く、そういった業務の対価として雇用側は報酬を高く設定して人材確保しています。

 

ですから同じ薬剤師、調剤業務でも環境や内容、仕事量などの違いがあるので報酬にも差が出てくるということのようです。


報酬を得たいのか、ステータスが重要なのか、知的好奇心を満たしたいのか、報酬の差だけを見ればネガティブになりがちですが、見方を変えて選択肢が多いというふうに捉えればポジティブになれると思います。

 

その情報収集の解決策として薬剤師専用の転職サイトに登録することもひとつの方法です。


自身の希望や地域性などによる情報収集など、専門のスタッフのサポートを受けられるメリットを最大限に活用する事が出来ます。

広告を非表示にする